Friday, December 24, 2010

Yowane Haku - Daughter of White

Daughter of White
Shiro no Musume
白ノ娘

[Author] - mothy
[Upload date] - 6/1/2010

The fourth song in the "Story of Evil" series. This song tell the whole story in another point of viewpoint of a new character. This song is also the longest in the entire series.


Nico Nico Douga - http://www.nicovideo.jp/watch/sm9305683

Romaji Lyrics
Haku
Miku
Rin

"Ikite ite gomennasai" itsu no ma ni ka kuchiguse
yowane bakari haite ita tsumaranu dake no jinsei

Mura no hitotachi wa mina kirei na midori no kami
nakama hazure no watashi hito to chigau shiroi kami

Mori no oku de hisoka ni sobie tatsu sennenju
watashi wa koko de hitori kami ni negai wo kaketa

Kodoku ni iki tsudzukeru koto sore wa totemo sabishii
dare demo ii watashi no tomodachi ni natte hoshii

Kanojo to deatta no wa sennenju nosugusoba
taorete ita kanojo wo tasuketa no ga hajimari

Itsu no ma ni ka futari wa totemo nakayokunatta
dakedo watashi to kanojo nani mo ka mo ga chigatta

Mura no naka no dare yori kirei na midori no kami
sono yasashii koe to egao dare kara mo ai sareta

Doushite konna watashi ni mo yasashiku shite kureru no?
Jibun yori otoru onna wo owarenderu tsumori na no?

Hikutsu na watashi wo dakishimete kanojo wa sasayaita
"Anata wa dare yori suteki na hito yo" namida ga koboreta

Tatoe sekai no subete no hito ga watashi wo sagesumi waratte mo
hitsuyou to shite kureru hito ga iru sore dake de shiawase datta

Futari de mura wo tobidashite machi de kurashi hajimeta
funare na seikatsu demo issho nara daijoubu

Yuufuku na shounin no fujin no shiyounin
ikiru tame ni eranda watashitachi no shigoto

Aru hi yashiki de mikaketa aoi kami no yasaotoko
aitsu to kanojo no deai ga subete wo kuruwaseta

Umi no mukou no kuni no ou kare wa kanojo wo fukaku aishi
tonari no kuni no oujo no kyuukon wo kobanda

Kuni wa senka ni tsutsumareta oujo ga kudashita meirei
"Midori no kami no onna wa subete koroshite shimai nasai"

Minna minna inaku natte shimatta
shiroi kami no watashi igai
kanojo no kawari ni watashi ga shineba yokatta no ni
doushite doushite

"Ikite ite gomennasai" Itsu no ma ni ka kuchiguse
yowane bakari wo haite ita tsumaranu dake no jinsei

Mina to machi no kyoukai arata ni kurashi hajimeta
kakumei de oujo ga shinda to kaze no uwasa de kiita

Kanojo to deatta no wa kyoukai no sugu soba
taorete ita kanojo wo tasuketa no ga hajimari

Itsu no ma ni ka futari wa totemo nakatokunatta
dakedo watashi to kanojo nani mo ka mo ga chigatta

Dare mo inai yoru no zange shitsu
guuzen kiite shimatta kanojo no kokuhaku
aa nanto iu koto deshou
kanojo wa masa ni
Aku no musume

Machi hazure no chiisana minato hitori tatazumu ano ko
haigo kara chikadzuku watashi futokoro kara NAIFU toridashite
oujo no senaka ni mukete furiageta

Anata ni ayamara kereba ikenai koto ga aru no
watashi kekkyoku anata no kataki wa torenakatta

Ano ko wa mukashi no watashi totemo totemo kodoku na hito
hitori de ikitsudzukeru koto sore wa totemo sabishii

Nani mo dekinakatta ano ko sukoshi ryouri ga umakunatta
kyou no oyatsu no BURIOSSHU totte mo umaku yaketeru

Ano toki ano umibe de isshun mieta genkaku
ano shounen wa ittai dare datta no kashira?

---

Japanese Lyrics (歌詞)
弱音ハク
初音ミク
鏡音リン

「生きていてごめんなさい」 いつのまにか口癖
弱音ばかり吐いていた つまらぬだけの人生

村の人たちは皆 きれいな緑の髪
仲間外れの私 人と違う白い髪

森の奥で密かに そびえ立つ千年樹
私はここで一人 神に願いをかけた

孤独に生き続けること それはとても寂しい
だれでもいい私の 友達になって欲しい

彼女と出会ったのは 千年樹のすぐそば
倒れていた彼女を 助けたのが始まり

いつのまにか二人は とても仲良くなった
だけど私と彼女 何もかもが違った

村の中の誰より きれいな緑の髪
その優しい声と笑顔 誰からも愛された

どうしてこんな私にも 優しくしてくれるの?
自分より劣る女を 憐れんでるつもりなの?

卑屈な私を抱きしめて 彼女はささやいた
あなたは誰より素敵な人よ」 涙がこぼれた

たとえ世界の全ての人が 私を蔑み笑っても
必要としてくれる人がいる それだけで幸せだった

二人で村を飛び出して 街で暮らし始めた
不慣れな生活でも 一緒なら大丈夫

裕福な商人の 婦人の使用人
生きるために選んだ 私たちの仕事

ある日屋敷で見かけた 青い髪の優男
あいつと彼女の出会いが 全てを狂わせた

海の向こうの国の王 彼は彼女を深く愛し
隣の国の王女の 求婚を拒んだ

国は戦火に包まれた 王女が下した命令
緑の髪の女は全て 殺してしまいなさい

みんなみんないなくなってしまった
白い髪の私以外
彼女の代わりに私が死ねばよかったのに
どうして どうして

「生きていてごめんなさい」 いつのまにか口癖
弱音ばかり吐いていた つまらぬだけの人生

港町の教会 新たに暮らし始めた
革命で王女が死んだと 風の噂で聞いた

彼女と出会ったのは 教会のすぐそば
倒れていた彼女を 助けたのが始まり

いつのまにか二人は とても仲良くなった
だけど私と彼女 何もかもが違った

誰もいない夜の懺悔室 
偶然聞いてしまった彼女の告白
ああ なんということでしょう
彼女は正に
悪ノ娘

街はずれの小さな港 一人たたずむあの娘
背後から近づく私 懐からナイフ取り出して
王女の背中に向けて 振り上げた

あなたに謝らなければいけないことがあるの
私結局あなたの仇はとれなかった

あの娘は昔の私 とてもとても孤独な人
ひとりで生き続けること それはとても寂しい

なにもできなかったあの娘 少し料理がうまくなった
今日のおやつのブリオッシュ とってもうまく焼けてる

あの時あの海辺で 一瞬見えた幻覚
あの少年はいったい 誰だったのかしら?

3rd song - Regret Message _______________________ Twiright Prank - 5th song

No comments:

Post a Comment