Sunday, February 13, 2011

Hatsune Miku - 「no title」

「no title」

[Author] - cokesi Processor
[Upload date] - 18/5/2008

cokesi's second and final song has no title in it. before the song's name got changed to 「no title」, it was actually 「__」. This song was deleted from Nico however...


Nico Nico Douga - http://www.nicovideo.jp/watch/sm3348073 (deleted)

Romaji Lyrics

Afure dasu omoi ga toma ranakute
nagare dasu namida ga kawai temo
kono koe ga kimi ni todoku youni
boku wa oto wo tsumugu

Kizutsuku koto ni nare tato
sou omotte ita keredo
kimi ni deatta kotode
sore ga machigai dato kiduita

Tatta hitotsu no kotoba ga
subete wo kowashi soude
omoe ba omou hodo ni
okubyou ni natteiku kara

Sore demo kimi to
sukoshi demo tsunaga tteirare runara
dare yorimo
kimi no koto
suki dato
ie rukara

Karami tsuku jikan wo kiri saite
wazuka demo yuuki wo mitsu ketara
sore ga hontou no hajimari dato
boku wa shinji terukara

Itsumo miru keshiki ni
kimi no kao ga kasanatte
tsumaranai nichijou ga
nami ni saraware kieyuku

Kimi tono kyori ga
chikatsu iteikunowo kanji rukara
mayowa zuni
massugu guna
kono omoi
shinjite

Nani genaku tsumi kasaneta kotoba ga
futari no kokoro ni kizama reteiku
honno chiisa na dekigoto kara
deai ga kiseki ni kawaru

Hitotsu dake kimi ni
uso wo tsuita koto ga arunda
suki dato
itta kedo
hontou wa
aishi teru

Kimi no koe karada wo kake nukete
toji teita kokoro no tobira ke tayo
kurayami ni hikaru kae tami tsukete
sokonite wo nobashite

Afure dasu omoi ga toma ranakute
nagare dasu namida ga kawai temo
kono koe ga kimi ni todoku youni
boku wa oto wo tsumugu

Sono egao kesshite hanasanu youni
kimi dake wa waratte irareru youni
totoe dare ni se wo muke youtomo
boku wa kimi no tameni

---

Japanese Lyrics (歌詞)

溢れ出す 想いが止まらなくて
流れ出す 涙が乾いても
この声が 君に届く様に
僕は 音を紡ぐ

傷つく事に慣れたと
そう思っていたけれど
君に出会った事で
それが間違いだと気付いた

たった一つの言葉が
全てを壊しそうで
想えば想う程に
臆病になっていくから

それでも君と
少しでも繋がっていられるなら
誰よりも
君の事
好きだと
言えるから

絡みつく 時間を切り裂いて
僅かでも 勇気を見つけたら
それが 本当の始まりだと
僕は 信じてるから

いつも見る景色に
君の顔が重なって
つまらない日常が
波に浚われ消え往く

君との距離が
近づいていくのを感じるから
迷わずに
真っ直ぐな
この思い
信じて

何気なく 積み重ねた言葉が
二人の 心に刻まれていく
ほんの 小さな出来事から
出会いが 奇跡に変わる

一つだけ君に
嘘をついた事があるんだ
好きだと
言ったけど
本当は
愛してる

君の声 体を駆け抜けて
閉じていた 心の扉開けたよ
暗闇に 光る欠片見つけて
そこに 手を伸ばして

溢れ出す 想いが止まらなくて
流れ出す 涙が乾いても
この声が 君に届く様に
僕は 音を紡ぐ

その笑顔 決して離さぬ様に
君だけは 笑っていられる様に
例え 誰に背を向けようとも
僕は 君の為に

No comments:

Post a Comment