Tuesday, March 29, 2011

Hatsune Miku - Doll of Building Blocks

Doll of Building Blocks
Tsumiki no Ningyou
積み木の人形


[Lyrics] - wowaka
[Composer] - wowaka
[Arrangement] - wowaka
[Upload date] - 2/12/2009

This is a really good song! At least that's what I think, you may think differently from me.


Nico Nico Douga - http://www.nicovideo.jp/watch/sm8981824

Romaji Lyrics

Mada mitsu karanaino suna ga nagare ochi teku
tanjunna kotae gaarunaraba GARASU no iro wo kowase tanokana
Naze nigedase naino tobira ni hasama reteru
zannen no katamari atsume tewa tsumi ki noyoni kasaneru taikutsu

Naku natta jikan no tsure wo ate nishitemou tsukare ta
dounattatte ii noyo, imi mo mattemo keshiki no naka osume te

Hajima tta choutsugai no oto ga hitori wotada nara shita
souyatte watashidake mushokutoumei na niji wo teni toratta
Kan ninatta dai ni tatta kanchigatta tte odori mashouyo

Soushichatta soushichattatta

Sabi tsui ta koe no todoka nai hako no naka
honocha no heitai sankara GARASU no kutsu wo nage tsukerarete,

Ware chatta.

Barabarano oto ga itami womata tera shita
mou kiratte hanashi kara tsumi ki kuzushi no shoudou kudake chitta
Monoiwa nai miwo ningyou to natsuketa no
honocha nisuranarenai tada kasaneru futsuu no ki ikato airaku

Make chatta choushi noii uso wo narabe tasuhen no yoru ni
douyatte modoro uka tsumare takorono sugata wo meni yai ta

Maniatta saigo datta kanchigatta tte kakekomi nagara

Doushichatta?
Doushichatta?
Doushichatta?
Wo kurikaesu no

Kan ninatta dai ni tatta kanchigatta tte odori mashouyo

Soushichatta soushichattattatta

Hajima tta choutsugai no oto ga hitori wotada nara shita
souyatte watashidake mushokutoumei na niji wo teni toratte

Koware chatta

---

Japanese Lyrics (歌詞)

まだ 見つからないの 砂が流れ落ちてく
単純な答えがあるならば硝子の色を壊せたのかな

なぜ 逃げ出せないの 扉に挟まれてる
残念の塊集めては積み木のよに重ねる退屈

無くなった時間の連れを当てにしてもう疲れた
どうなったって良いのよ,意味も理由も景色の中埋めて

始まった 蝶番の音が独りをただ鳴らした
そうやってわたしだけ無色透明な虹を手に捕った

環になった 台に立った 勘違ったって踊りましょうよ

そうしちゃった そうしちゃったった

錆付いた声の届かない箱の中
玩具の兵隊さんから硝子の靴を投げつけられて,

割れちゃった。

ばらばらの音が痛みをまた照らした
もう嫌って話から積み木崩しの衝動砕け散った

物言わない身を人形と名付けたの
玩具にすらなれない ただ重ねる普通の喜怒と哀楽

負けちゃった 調子のいい嘘を並べた末の夜に
どうやって戻ろうか 積まれたころの姿を目に焼いた

間に合った 最後だった 勘違ったって駆け込みながら

どうしちゃった?
どうしちゃった?
どうしちゃった?

を繰り返すの

環になった 台に立った 勘違ったって踊りましょうよ

そうしちゃった そうしちゃったったった

始まった 蝶番の音が独りをただ鳴らした
そうやってわたしだけ無色透明な虹を手に捕って

壊れちゃった

No comments:

Post a Comment